FC2ブログ

*都紬*チュチュ*ハンドメイドな暮らし

リネン、伊勢木綿反物など様々な和生地でいろいろ作って販売してます。

Entries

「 竹刀袋 舞 」 完成。

「竹刀袋 舞」

P1000558.jpg

下の写真は 「竹刀袋 桜花」ですが、「竹刀袋 舞」も同じく金が入りました花柄の生地を使っています。

違いは梵字を入れるか蜻蛉柄にするのか、交差している生地が違います。

「舞」のほうが、赤の印象が強くでています。

201604161511073c0.jpeg

オーダー製作なので刺繍の色も刺繍も変えることができます。

内側に豪華な金を使った柄生地が入ると、贅沢というよりも「粋」ですね。

持つ物でその人の内面を見るような気もします。

以前お作りしましたお客様から 教え子さんに

「先生のような竹刀袋をいつか持つことが夢ですと言われました。」というお話を伺いました。

嬉しいお話でした。

きっと先生の美しいお姿を竹刀袋が引き立てていたんだろうと思います。

私も剣道を学んでおりますが、改めて道具という存在を考えさせられます。

P1000559.jpg


昨日、「ガイヤの夜明け」で染色と古布についての放送がされていましたので見ていました。

内容もとても興味深く勉強になりました。

着物の染色技術特に「深い真っ黒」は世界でも目を引くようです。

日本では当たり前に見ることができる喪服の黒です。

黒の深さで呉服の値段がわかるので花嫁道具の一つでもある黒喪服にはお金をかけたものです。

黒の代々伝わる染料を捨てればもう再生はできないというほどのもの

その技術を服に使うことで染色屋さんが生き残れる事は日本の技術が生き残れるということです。


しかし出てくる染柄の美しいこと。いいものは誰が見てもいいんですね。

昔は高価な物だったんだろうなと。

時代の流れと言えばそうかもしれませんが日本が世界に誇れる技術がどんどん減って

なーんちゃって着物になってどうするんだろうと思うのです。

そう思う人があちこちで頑張っておられる。私も頑張りたいそう思えました。


「舞」「希望」「桜花」の帆布は 真っ黒な帆布を使っています。

呉服に使うような染の黒ではありませんが

しっかりと染められた深い黒だと思います。

生地的には11号帆布ですので、8号と比べると薄く感じますが私はこの「黒」が好きです。

この「黒」に映える柄や刺繍、染色技術を*都紬*らしくのせて行きます。


*都紬*

♪ただいま*都紬*ネットショップ、オークションにて剣道関連作品を出品中です♪

お急ぎの場合は、ショップのメールホームよりお問い合わせください。

◆ *都紬*が一つ一つデザインし製図、製作しました作品達です。 ◆
◆ 写真のお持ち帰り、無断利用、模倣はお断りしています。 ◆

ブログランキングに参加しています。よかったらクリックお願いします。(vv)
にほんブログ村 格闘技ブログ 剣道へ
にほんブログ村

マイ・オークションをごらんください

*都紬*HP

*都紬*HP ←クリック

♪紹介しています作品、材料はネットショップにて販売中です♪ 
*都紬*ネットショップ ←クリック


FC2 Blog Ranking





関連記事
スポンサーサイト



*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://tutuhappylife.blog77.fc2.com/tb.php/1305-8e1ef7a2

左サイドMenu

FC2カウンター

プロフィール

*都紬*

Author:*都紬*
短期大学被服造形コースにて 洋裁、和裁、バック、ニット、刺繍、デザイン製図、色彩学など学び、中学家庭科教員資格、着付け講師資格、日本手芸普及協会パッチワーク講師資格を所有。

竹刀袋、汗とりくん、和雑貨、バックなど全て製図から縫製までオリジナル販売、オーダー販売も行っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

ヤフーオークション出品中

*都紬*のマイブースです。

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

右サイドメニュー

QRコード

QRコード

検索フォーム

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

FC2ブックマーク